日時 平成26年11月8日(土)
演題 「糖尿病黄斑浮腫、加齢黄斑変性症について」
講師 高橋 明子 先生
     (名古屋大学医学部附属病院 眼科 病院助教)


 講演内容

糖尿病黄斑浮腫

  • 網膜の中心にある黄斑が糖尿病が原因でいたむ病気
  • 症状 
    • ものがかすんで見える
    • ものがゆがんで見える
    • 視力が低下する
    • コントラストが低下する、ものが薄く見える
  • 治療
    • 全身因子のコントロール
      • 血糖コントロール
      • 血圧コントロール
      • 血中脂質コントロール
    • 眼科的治療
      • レーザー光凝固術
      • 硝子体手術
      • 薬物療法
        • 抗VEGF療法薬物療法の第一選択
        • ステロイド療法
    • 定期的な通院が必要

加齢黄斑変性

  • 網膜の中心にある黄斑が加齢に関連していたむ病気
    • 萎縮型(ドライ型)と滲出型(ウェット型)がある。
  • 症状 
    • 部分的または中心が暗く見える
    • 視界がゆがむ
    • コントラストが低下する、ものが薄く見える
    • 視力が急激に低下することがある
  • 治療
    • 抗VEGF療法薬物療法の第一選択
    • 光線力学療法(PDT)
  • 定期的な通院が必要
  • 予防が大事
    • 危険因子は、加齢、喫煙、高血圧、高脂血症、紫外線などであり、なかでも喫煙がエビデンスがもっとも高い。→禁煙が重要