日時 平成23年11月26日(土)
演題 「糖尿病合併症を予防するために」
       ~塩分管理の重要性~
講師 神谷英紀先生
     (愛知医科大学病院 糖尿病センター 准教授)

講演内容

  • 減塩による糖尿病性合併症の抑制効果

          減塩
        ↙     ↘
      降圧効果 ⇔ 腎保護作用
        ↘     ↙
      心血管障害の発症予防

  • 糖尿病性腎症はCKDの1つで、透析導入の原因疾患の1位であるばかりか、脳卒中や心筋梗塞の重大な原因となっています。
  • 塩分制限は、降圧効果に加え塩分による臓器障害(腎臓や心臓)を軽減することにより、脳卒中や心筋梗塞をおこしにくくします。
  • 減塩に努めましょう。